パソコン

Windows Update スケジュール一覧 2021年版

Windows10, 更新プラグラム, windows update、スケジュール、2021年

Windows Update (更新プログラム)の、2021年版 配信スケジュールを一覧にしました。

知らないうちにパソコンの動作が重たくなったり、急に再起動を求められたり、ユーザ側でもう少し人為的に適用したいと思っている人も多いと思います。記事の後半では、計画的にアップデートするためのノウハウもお伝えします。

セキュリティ更新プログラム 公開予定日 (2021年)

Windows Update、正確にはセキュリティ更新プログラム(品質更新プログラム)の配信予定日は下表の通りです。 (括弧内はアメリカ日付です。)

2021年1月 2021/01/13 (2021/01/12)
2021年2月 2021/02/10 (2021/02/09)
2021年3月 2021/03/10 (2021/03/09)
2021年4月 2021/04/14 (2021/04/13)
2021年5月 2021/05/12 (2021/05/11)
2021年6月 2021/06/09 (2021/06/08)
2021年7月 2021/07/14 (2021/07/13)
2021年8月 2021/08/11 (2021/08/10)
2021年9月 2021/09/15 (2021/09/14)
2021年10月 2021/10/13 (2021/10/12)
2021年11月 2021/11/10 (2021/11/09)
2021年12月 2021/12/15 (2021/12/14)

セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール (2021年)

https://msrc-blog.microsoft.com/2020/11/10/securityupdatereleaseschedule2021/

計画的なアップデートをするためには?

SSDの普及とともに、従来と比較してWindows UpdateによるPCの負荷も感じにくくはなってきました。とはいえ、再起動を突然求められると、「えっ!」といった気分になるのは筆者だけでしょうか?

計画的にWindows Update (更新プログラム)を適用するノウハウを以下に3つ紹介します。

配信ルールを覚えよう

更新プログラムは、アメリカ時間の毎月第2火曜日に配信されます。日本時間の方が進んでいますので、日本の日付ではその翌日になります。

第2火曜日の深夜とか、第2火曜日の翌日に、Windows Update (更新プログラム)が配信されると覚えておくと良いと思います。

スケジュール帳やカレンダーに記入

スケジュール帳やカレンダーに、Windows Update (更新プログラムの配信)のスケジュールを記入しておくと目につきやすいです。

Windows Update (更新プログラム)の配信日には、パソコンの電源を必ず入れることにより、知らないうちに更新が始まっていることを防げます。

更新プログラムの適用日を自分で設定する

Windows Update (更新プログラム)の適用日を、ユーザーが延期したり、日にちを決めたりすることができます。設定方法は、下記の記事を参考にしてください。

Windows update、遅らせる方法、適用する日付を指定する方法
【Windows 10】Windows Updateの遅らせ方 & 日にち指定の仕方 ~更新は毎月1日と決めると管理しやすい~ Windows 10, バージョン1903(May 2019 Update)から、Windows Updateの機能が大幅にアップし、...

筆者は、Windows Update (更新プログラム)の適用日を「毎月1日」と決めています。自分的にはライフハックと思っているのですが、言い過ぎですね(汗)

筆者PCのトピック ~2004バージョン(May 2020 Update)の配信が来ました~

少し話が逸れます。

筆者の使用しているPCにも、毎月の更新プログラムとあわせて、大型アップデート Windows 10 バージョン 2004 (May 2020 Update)の配信がきました。 (アップデートされる前は、バージョン1909を使用)

ノートPCには2020年12月、デスクトップPC 2台には2021年1月の更新プログラムとあわせて自動的に配信されていました。

Windows 10 バージョン 2004は、自動的なアップデートは抑制的だったのですが、日本語IMEの問題が解決されたため、多くのPCへの配信が始まっているようです。詳細は、下記のリンクを参照ください。

Windows 10 バージョン 2004/20H2 で発生していたMicrosoft IME問題

更新内容も多かったようです。SSDではなく、HDDを使用している方のデスクトップPCでは、更新に数時間を要しました。毎月のアップデートには気を配っていた筆者ですが、これには不意打ちを喰らいました、、、 再起動も数回求められ、久々に本格的な大型アップデートだったようです。

閑話休題。

毎月配信される品質更新アップデートの話に戻します。

配信スケジュールは事前に公開されていることを知らない人も多いと思います。配信スケジュールやルールを知って、うまく付き合っていけるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。