パソコン

ATOK 2017 サポート期間終了。ATOK Passportまたは一太郎への移行を本格的に検討すべき時期

ATOK2017、サポート期間終了、2020年6月28日

単体販売、パッケージ版の最後のバージョンであるATOK 2017のサポート期間が、2020年6月28日に終了しました。ATOK単体販売は、サブスクリプション版であるATOK Passportへまさに一本化されました。

ATOKを使い続けたいけどサブスクリプションは避けたい、という人には一太郎 2021の購入もお勧めです。バージョンアップ版、特別優待版の価格は検討の価値ありです。

ATOK 2017のサポートは、2020年6月28日まで

ATOK 2017 for Windows、ATOK 2017 for Macのサポートは2020年6月28日に終了しました。

JUSTSYSTEMのサポートページには「サポートの終了は、出荷終了日より1年後または、発売日より3年後のどちらか遅い期日に、サポートサービスを終了」とあります。

ATOK 2017 for Windows、ATOK 2017 for Macの発売開始日と販売終了日はそれぞれ下記になります。

  • 発売開始: 2017年2月3日
  • 販売終了: 2019年6月28日

ですので、サポート期間終了は、販売終了1年後の2020年6月28日となります。

サポート期限を過ぎたからといって、すぐに何か不具合が発生する可能性は低いです。

とはいえ、セキュリティ上の脆弱性が見つかってもアップデートプログラムが提供されなかったり、最新のOSへの対応も行われない可能性がありますので、使用し続ける場合は、サポート期間内のバージョン、もしくは最新版を使用することが安全です。

ATOKを使い続ける場合は ”ATOK Passport” もしくは ”一太郎”へ移行しよう

最新版のATOKにまだ移行していない方は、今がまさに検討の時期です。

ATOKを使用するには以下の方法があります。

  • ATOK Passport (サブスクリプション版)
  • 一太郎 (パッケージ版)

ATOK Passport(サブスクリプション版)

ATOK Passportは、Windows、MAC、Andoroidデバイスで計10台のデバイスまでインストール可能なサブスクリプション版(月払い版)です。(2021年11月1日に、プレミアム版のみiOS、iPadOSに対応。)

価格は、ATOK Passport ベーシックが月額330円(税込み)、英和辞典などのクラウド辞書が利用可能なATOK Passport プレミアムが月額550円(税込み)です。

年間プランもあり、店頭ではプレミアム版のみPOSAカード(ポサカード)での購入も可能です。

プランと販売ルートを表にまとめてみました。価格はすべて税込みです。
(表は2020年6月時点の情報です。2022年2月1日、プレミアム版の価格改定が行われまた。今後も価格改定があると思いますが、過去はいくらで販売されていたのか分かるように、下表は最新価格は表示せず、そのままにしておきます。最新の価格が知りたい方は、Justsystem社のサイトを参照ください。)

販売ルート商品月間プラン1年プラン3年プラン
直販ATOK Passport [プレミアム]550円/月6600円/年
直販ATOK Passport [ベーシック]330円/月
販売店ATOK Passport [プレミアム]6600円/年17820円/3年
販売店ATOK Passport [ベーシック]

3年プランのみ1980円お得に利用可能です。3年プランは店頭でしか購入できませんので、注意が必要です。

ATOK passport プレミアム 日本が入力 POSAカード

(1年プランを選択しても、割安にはなりません。推測するに、法人向けプランと思われます。もしくは、3年間分くらいまとまった契約でないと、メーカーとしては値引き出来ないということかもしれません。)

一太郎(パッケージ版)の選択も有望

パッケージ版も購入可能な一太郎には、「ATOK for Windows 一太郎○○○○ Limited」という最新版ATOKが搭載されています。(○○○○には年号が入ります)。機能強化に関するアップデートはありませんが、セキュリティアップデートは従来通り行われますので、安心感があります。

(2022年1月追記: 悲報です。 ○○○○の年号は2021が最後となりました。2022年2月10日発売の一太郎 2022には、買い切り版のATOKは付属せず、サブスクリプション版である「ATOK Passport プレミアム(1年)」が付属するスタイルに変更となりました。1年間の有効期限が切れると、契約を更新しなければ、たとえ一太郎上であってもATOKが使用出来なくなります。 買い切り版のATOKをが欲しい方は、一太郎 2021が最後のチャンスとなりそうです。)

心配なのは価格ですよね。

バージョンアップ版、特別優待版であれば、従来のパッケージ版ATOK単体販売よりは価格が高いですが、そこそこリーゾナブルな価格で提供されています。

購入可能な対象者もかなり広いです。条件は下記です。

  • バージョンアップ版: 旧バージョンの一太郎登録ユーザー
  • 特別優待版: ジャストシステム製品、またはMS Ofiice/MS Wordの登録ユーザー

条件に当てはまる方は多いのではないでしょうか?

Microsoft Officeを使用しているけど、IMEはATOKを使用したい、という人も多いですよね。MS Officeの登録ユーザーであれば、特別優待版の購入対象者に当てはまるんです。

また別のメリットとして、一太郎では、Microsoft Wordファイルを読み込むことができます。Microsoft Wordを所有していない方にとっては、Microsoft Wordファイルを開くことができるソフトを持っていると、いざというときに安心です。

最後にまとめます。ATOKを使用したい方で、下記に当てはまる方には一太郎2021の購入をおススメします。

ATOKのパッケージ単体販売はなくなりましたが、一太郎という形でパッケージ販売のATOKが利用できる道が、実は残されていました。興味を持った方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

(2022年1月追記: 繰り返しになりますm(_ _)m。 2022年2月10日発売の一太郎 2022には、サブスクリプション版である「ATOK Passport プレミアム(1年)」が付属するスタイルに変更となりました。買い切り版のATOKは付属しません。時代の流れですね・・・ 買い切り版のATOKを欲しい方は、一太郎 2021が入手できるうちに購入しておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。