パソコン

簡単! Microsoft Office オンラインコード版の登録の仕方(Amazonで購入したMicrosoft 365 Personal オンラインコード版で解説)

Microsoft Office、オンラインコード版、登録方法

Amazonで購入した Microsoft Office オンラインコード版(Microsoft 365 Personal または Microsoft Office オンラインコード版)の登録方法について紹介します。

新規登録の場合でも、サブスクリプション版である Microsoft 365 Personalの有効期限の延長の場合でも、登録の手順は基本的にほぼ同じです。

ここでは、Microsoft 365 Personal オンラインコード版で説明していきます。

手順の概要

手順は、次の3ステップになります。

  1. Microsoft Office オンラインコード版の購入
  2. Amazonの「PCソフトダウンロードライブラリ」で、購入したオンラインコードを確認
  3. Microsoftのサイトで登録手続き

次に、詳細を説明していきます。

手順の詳細

<手順1> Office オンラインコード版の購入

まずは Microsoft Office を購入します。

[補足] Microsoft 365 Personal(1年版)の有効期限延長時には、どれを購入すればよいか?

サブスクリプション版の場合、新規購入でも、期間延長でも、同じMicrosoft 365 Personalを購入すればOKです。

期間延長の場合、オンライン上で手続きをすると、現在の有効期限に一年追加されます。残っている有効期限はリセットされませんのでご安心を。と書きつつ、最初は自分もヒヤヒヤしながら更新したんですけどね。。。(^^;)

注文後にAmazonから送られてくるメールを確認する

購入後に送られてくるメールを確認します。このメールにオンラインコードが書かれているわけではありません

メールには、「PCソフトダウンロードライブラリ」へのリンクがあります。

まずは、「PCソフトダウンロードライブラリ」をクリックしてPCソフトダウンロードライブラリへ移動します。

メールがどこかに行ってしまった場合は、Amazonのアカウントサービスメニューの一覧にある「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」から直接アクセス可能です。

<手順2> Amazonの「PCソフトダウンロードライブラリ」でオンラインコードを確認

AmazonのPCソフトダウンロードライブラリで、購入したオンラインコード版の商品と、そのオンラインコードの一覧が表示されています。

参考までに、下のスクリーンショットには、過去に筆者が購入したMicrosoft 365 Personal(1年版) が3つと、ノートン セキュリティが表示されています。(今回の記事では、このノートンは無視してください。)  Microsoft 365 Personal(1年版) の3つの内訳は、1つは新規購入時のもの、残りの2つは有効期限を延長するために再度購入したものです。

右端にある「Office.comへ」をクリックし、ここから直接、Microsoftのサイトに移動します。

<手順3> Microsoftのサイトで登録手続き

Amazonのサイトから、Microsoftのサイトに移動しているはずです。

Microsoftアカウントでサインイン

最初に、自身のMicrosoftアカウントでサインインします。 Microsoft アカウントをお持ちでない方は、「新しいアカウントを作成」をクリックすれば、無料で作成できます。(Microsoft Officeの使用にMicrosoftアカウントは必須です)

パスワードの入力など、メッセージに従って進んでいきます。無事サインインできると、「②アカウント設定の確認」に進めます。

購入したアプリの確認

最初は地域の設定が表示され、「次へ」をクリックすると、「確認されたプロダクトキー: Microsoft 365 Personal」と、購入した商品が自動的に表示されました。Amazonのページで表示されていたパスコードは入力不要です。

更に「次へ」をクリックします。

サブスクリプション版である「Microsoft 365 Personal」の場合、「定期請求」に関する設定が出てきます。

「定期請求」をオンにすると、今後は有効期限が自動で更新され、今回のような手続きは以後不要になります。また、有効期限が更に1ヶ月追加される特典付きです。

Amazonなどで少しでも安価に入手したい人は、忘れずに定期請求をオフにしておきましょう。「定期請求」をオフにしたのが下図です。

サブスクリプション版である「Microsoft 365 Personal」の場合は、定期請求の設定が表示される

  • 定期請求を有効: 毎年の更新手続きが面倒で、自動更新したい方向け。
  • 定期請求を無効: Amazonなどで少しでも安く購入したい方向け。ただし、有効期限の更新手続きを毎年行うことが必要

定期請求の有効・無効の設定を終えると、「③アプリを入手する」に進みます。

登録内容の確認と、アプリの入手

「次へ」をクリックします。

これにて登録手続き完了です。

自身のMicrosoft Personalのアカウントページに自動的に移動しますので、登録内容を確認しましょう。 Microsoft 365 Personalであれば、ページ上方に表示されている、プリペイドサブスクリプションの有効期限が1年間分追加されていればOKです。

アプリのインストールをしたい場合は、同じアカウントページの「インストールする」をクリックすれば、あとはメニューに従ってインストールを進めていくだけです。

最後に

今まで見てきたように簡単に、そしてあっさりと、 Microsoft Office オンラインコード版の登録をすることが出来ました。

Microsoft 365 Personal オンラインコード版、Microsoft Office オンラインコード版の購入を考えている方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※記事の内容は公開時の情報に基づいており、現在では変更されている場合がありますのでご了承ください。実際のサービス利用前には公式サイトなどで確認お願いします。